2020-10

スポーツ栄養

栄養コラム④怪我を防ぐために

元高校球児管理栄養士のたまきです。 今回は怪我について アスリートにとって一番注意しなくてはいけないことが怪我だと思います。 怪我をしてしまうと試合や練習にでられないだけでなく、治っても微妙な感...
スポーツ栄養

栄養コラム③効率良く身体を大きくするには?

※まずは食事の量をなるべく小分けにする 筋肉の構成成分であるタンパク氏質は一度に吸収できる量が限られていると近年明らかになってきています。(正確にどれくらいかはわかりませんが30g~50gが限界とも言われています)せっかくたくさん摂取しても全て吸収出来なければもったいないですよね? 最近は身体作りの際に補食などを利用して、タンパク質を小分けにして摂取する頻回食をトップアスリートも取り入れていることが多いです。
スポーツ栄養

栄養コラム②試合前後の食事について

①試合前日は食べ慣れた消化に良い食事を選択しよう 試合前日はなるべく胃腸に負担をかけない食事を行うことが大切です。特に大事な一戦前はプレッシャーもあり、胃腸にも負担がかかりやすい状況です。 そういった時に普段あまり口にしないものや消化に悪い食事(主に脂質が多い食事)を行うと余計に胃腸へ負担がかかり、翌日のコンディション不良へと繋がります。 試合前日の夕食と当日の朝食は特に意識して気を付けましょう。ごはんや、うどんを主食とした食事がおすすめです。おかずには魚や脂身の少ない肉などを選ぶと良いでしょう。(刺身などの生魚は消化に負担がかかるので注意しましょう)
タイトルとURLをコピーしました