2020-04

スポーツ栄養

アスリートと栄養①

アスリートに限ってではなく、人間はメンタル面が非常に大切な生き物です。メンタルが崩れてしまうといくら能力が高くても力を発揮できなかったり、最悪の場合は競技をやめてしまうことも考えられます。  皆さん、特に選手や指導者の方に知っていてほしいのは、食事はメンタル面にも作用するということです。階級スポーツや減量が必要なスポーツではこれらの問題が数多く蔓延しています。  また、食べたら太ってしまうといった脅迫観念を持っている選手も多いですが、適切なエネルギーを補給することで、身体はエネルギーをしっかりと使い、代謝を回し、パフォーマンス発揮しようとします。しかしエネルギーを制限し続けると、身体は節約してエネルギーを使うことに慣れてしまい、持てるパフォーマンスを無意識に抑え込んでしまいます。自分では100%のつもりが50%しか出せていないかもしれないのです。
スポーツ栄養

新型コロナ自粛太り対策

アスリートの方は自粛生活で体重や体脂肪が増えてしまうといざ復帰する際に身体が思うように身体が動かずパフォーマンスの低下に繋がりますし、怪我をする可能性も高くなります。アスリートは特にエネルギー消費の落差が大きいので注意が必要です。
スポーツ栄養

食から新型コロナウイルス対策③ ビタミンD

新型コロナウイルス対策第三弾です! 今回はビタミンDについてお話します! またその他の研究でもかぜや肺炎などの呼吸器疾患の予防にビタミンDは効果がある可能性があるとの発表がありました
スポーツ栄養

食から新型コロナウイルス対策その② 水分

脱水が原因で便が固くなり、便秘になることがあります。さらに自粛による運動不足でも便秘はなりやすいので普段から便秘がちな方や女性は気を付けておきましょう。便秘になると悪玉菌が増殖し、腸内環境が悪化して免疫力を下げてしまいます!
スポーツ栄養

食から新型コロナウイルス対策その①

新型コロナウイルスに負けないために栄養面からの情報を発信していきます。 新型コロナウイルスの負けないためには免疫力を高く保つことが大切です!
スポーツ栄養

普段の指導方法が自粛期間に大きな影響を及ぼす

とうとうコロナウイルスにより政府から緊急事態宣言が発令されました。その影響によりGW明けまでの自粛生活が余儀なくされているアスリートの方が多いかと思います。各チームの指導者の方も練習がまともにできず頭を抱えておられるのではないでしょうか。
プロフィール

自己紹介

自身の現役時代を活かし、選手とのコミュニ―ケーションを大切にしたコーチング型のサポートを行う。 元高校球児管理栄養士として選手の可能性を広げたい
スポーツ栄養

食コーチング

食からのアプローチをすることで選手の持てる能力を最大限に引き出すことを目的としています! 
タイトルとURLをコピーしました