食から新型コロナウイルス対策その② 水分

食コーチングトレーナーのたまきです。

全国的に緊急事態宣言が発令されましたね、今が我慢の時、しっかり自粛して感染を広げないように努めましょう!

 

さて今回のコロナウイルス対策については水分摂取についてです!

皆さんは水分補給を普段どれくらい意識していますか?

あまり意識していない? 喉が渇いたら飲んでいる? このような方が多いのではないでしょうか。

実はこのような場合は身体は常に渇いている可能性が高いです。

喉の渇きは身体が脱水しているサイン! およそ体重の2%の脱水が起こっている可能性があります。

脱水が起こると頭痛やめまいなどの症状などが起こります。しかしながら脱水の怖さはこういった症状だけではなく、免疫力を低下させてしまう原因にもなってしまうのです。

どうして免疫力が下がるの?

脱水していると唾液の分泌量が減ってしまいます。唾液には消化を助けるだけでなく、細菌やウイルスを殺菌する作用があるためヒトの免疫システムとして非常に重要な役割を持っています。

他にも脱水が原因で便が固くなり、便秘になることがあります。さらに自粛による運動不足でも便秘はなりやすいので普段から便秘がちな方や女性は気を付けておきましょう。便秘になると悪玉菌が増殖し、腸内環境が悪化して免疫力を下げてしまいます! 

 

水分補給の目安ですが大人で一日1.5ℓ~2ℓを目安に摂取しましょう!

自粛期間は家にいるし汗もそんなにかかないからそんなにいらないんじゃない?

確かに汗をかくことは少ないかもしれませんが、実は水分は皮膚や呼気からも失われています!

汗をかいてないから水分補給はしなくてよいというのは大きな勘違い!

一日に1、5~2ℓを目安に摂取しましょう! あくまでも目安なので部屋で運動をしたり、半身浴をするなど汗をかくようなことがあればさらに摂取が必要です。

一度にたくさん摂取するのではなく、こまめな補給がポイントです 😉 

まずは自分が毎日どれぐらいの水分を摂取しているか把握してみましょう!

特に高齢の方は代謝の低下による水分産生の低下や、喉の渇きを感じにくくなっているので注意が必要です。コロナウイルスに負けないためにしっかりと水分補給を心がけて自粛生活を皆で頑張りましょう!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました